東亰市史稿 市街篇 第56 - 東京都

東亰市史稿

Add: qukuqiwe15 - Date: 2020-12-09 06:51:54 - Views: 3782 - Clicks: 5297

【tsutaya オンラインショッピング】東亰市史稿 市街篇 第52/東京都 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!. 復刻版 (: セット - 上水篇 附図). 〒東京都国分寺市泉町2-2. 7:t, 市街篇 第39 955.

産業篇 第1 213. 11501/3450753 公開範囲 インターネット公開(保護期間満了) 電子化時の注記 (p. 背,標題紙の部編名:水道篇 産業篇, 遊園篇, 宗教篇, 橋梁篇, 市街篇は別書誌 著者のヨミ: トウキョウト.

7:t, 市街篇 第40 955. 7:t, 市街篇 第37 955. 6刊までの編纂・出版者: 東亰市役所. 市街篇第六附錄 著者 東京市 編 出版者 東京市 出版年月日 昭和3 請求記号 gc65-25 書誌id(国立国会図書館オンラインへのリンク)doi 10.

その他の標題: 東亰市史稿 東京市史稿: 資料形態(詳細): Text: 主題: 東京都--歴史; 橋梁: ISBN:産業篇 第1) ISBN: 9784653. 6刊までの編纂・発行: 東亰市役所 上水篇第1の部編名は目次,巻首,巻末による. 6 ndlc : gc65 ndlsh : 東京都 -- 歴史: 注記: 市街篇 第1-30, 第61-, 産業篇, 皇城篇, 御墓地篇, 変災篇, 上水篇, 救済篇, 港湾篇, 遊園篇, 宗教篇, 橋梁篇は別書誌 (bnbnbnbnbnbn. 6 ndlc : gc65 ndlsh : 東京都 -- 歴史: 注記: 市街篇, 産業篇, 皇城篇, 御墓地篇, 変災篇, 上水篇, 救済篇, 港湾篇は別書誌 . その他の標題: 東亰市史稿|トウキョウシ シコウ: 主題: 東京都--歴史: 分類・件名: ndc8 : 213. 【tsutaya オンラインショッピング】東亰市史稿 市街篇 第58/東京都 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!. 東京市史稿 (遊園篇 第1 - 橋梁篇 第2) 東京都編纂. 6/To, 産業篇 第8 213.

6/To, 産業篇 第5 213. ※一部利用できない機能があります 所在が「地総研」の資料は利用できません. 東京市史稿 (皇城篇 第1 - 港湾篇 第5) 東京都編纂, 東京都, 1911: 3. 6刊までの編纂・出版者: 東亰市役所 著者名:. Other titles: 東亰市史稿 東京市史稿: Format(Detailed): Text: Subject: 東京都--歴史; 橋梁: ISBN:産業篇 第1) ISBN:. 背,標題紙の部編名:水道篇 産業篇, 遊園篇, 宗教篇, 橋梁篇, 市街篇は別書誌 タイトルのヨミ:. 6/To, 産業篇 第6 213. Skip to main content.

産業篇 第25: 東京都昭和56年刊の複製. 『東京市史稿』産業篇は、明治四十年(一九〇七)に東京市史編纂委員会が決定した編集方針, 第一篇総記, 第二篇各記のうち後者に属するものである。各記はテーマ別の編年体史料集であるが, 産業篇はその第三にあたるもので, 昭和十年(一九五三)以来現在. 6/To, 市街篇 附図第1 213. 6/To, 産業篇 第4 213. 有償刊行物(歴史・文化) isbnコードは、書籍を特定する番号です。 東京都が発行する有償刊行物のisbnコードは、共通でが付番され、下表の下4桁と合わせた13桁で構成されています。.

7:t, 市街篇 第38 955. 東京市史稿 産業篇 各巻一覧. 市街篇 第32 955. 東京市史稿 市街篇 各巻一覧. 7:t, 市街篇 第35 955. 6刊までの編纂・出版者: 東亰市役所: タイトルのヨミ、その他のヨミ: トウキョウ シシ.

8-形態: 冊 ; 東亰市史稿 市街篇 第56 - 東京都 22-27cm ISBN:. 東亰市史稿 市街篇 第44の本の通販、東京都の本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonで東亰市史稿 市街篇 第44を購入すれば、ポイントが貯まります。. 6/To, 産業篇 第3 213. 7:t, 市街篇 第36 955. 6刊までの編纂・出版者: 東亰市役所: Reading of Title: トウキョウ シシコウ. 7:t, 市街篇 第34 955.

その他の標題: 東亰市史稿: 主題: 東京都--歴史: 分類・件名: ndc8 : 213. 市街篇 第39-73: 東京都. 東亰市史稿 市街篇 第45の本の通販、東京都の本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonで東亰市史稿 市街篇 第45を購入すれば、ポイントが貯まります。. 東京市史稿 (産業篇 第1 - 産業篇 第30) 東京都編纂, 東京都, 1935: 4. 7:t. 東京市史稿 (篇別目次総覧 ; 事項別目次索引) 東京都編, 東京都, 1996: 2. 復刻版 フォーマット: 図書 責任表示: 東京市編 出版情報: 京都 : 臨川書店, 1973.

6 ndlc : gc65 ndlsh : 東京都 -- 歴史: 注記: 附図: 市街篇 第47「江戸切絵図」, 市街篇 第48「明治二年東京大絵図」, 市街篇 第50「明治七・八年版東京大小区分繪圖(一)」, 市街篇 第51「明治七・八年版東京大小區分繪圖(二)」, 市街篇. 6/To, 市街篇 第1 213. 6 ndlc : gc65 ndlsh : 東京都 -- 歴史: 注記: 市街篇 第1-30, 第31-60, 産業篇, 皇城篇, 御墓地篇, 変災篇, 上水篇, 救済篇, 港湾篇, 遊園篇, 宗教篇, 橋梁篇は別書誌 (bnbnbnbnbnbn. 東京市史稿 市街篇 各巻一覧. 東京市史稿 (市街篇 第61 - 市街篇 第70 附図) 東京都編纂, 東京都, 1969: 2. 産業篇 第31-, 市街篇, 皇城篇, 御墓地篇, 変災篇, 上水篇, 救済篇, 港湾篇, 遊園篇, 宗教篇, 橋梁篇は別書誌 (bnbnbnbnbnbn標題紙の編纂者: 東亰市役所(第1-第3), 東亰都(第4-) タイトルのヨミ、その他のヨミ:. 7:t, 市街篇 第33 955.

6/To, 産業篇 第2 213. 6/To. 第56: 1073: 1843(天保14)年正月4日~1845(弘化2)年8月21日. 産業篇 第26: 東京都昭和57年刊の複製 産業篇 第1-3の編者: 東京市役所 産業篇 第4-26の編者: 東京都 港灣篇: 東京市役所, 大正15年-昭和2年刊の複製 市街篇 第1-38: 東京市役所大正3-昭和18年刊の複製. 昌平坂(しょうへいざか)団子坂(だんござか) 外神田二丁目2番地西と湯島聖堂との間、千代田区と文京区の境界線上にある坂です。 昌平の名は、湯島聖堂に祀ってある孔子の生まれた中国魯の国の昌平郷にちなんでつけられました。. 東亰市史稿: 注記: 1943. 6刊までの編纂・出版者: 東亰市役所: タイトルのヨミ: トウキョウ シシコウ: 著者名ヨミ:. 東亰市史稿(市街篇 第51)復刻版 - 東京都 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が.

桜美林大学 図書館. 第56: 1085: 1874(明治7)年1月1日~1874(明治7)年12月30日. 6/To, 市街篇 第2 213. 東京市史稿 タイトルよみ (titleTranscription) トウキョウ シシ コウ 巻次、部編番号 (volume) 産業篇第二 巻次、部編番号よみ (volumeTranscription) 00020 東亰市史稿 市街篇 第56 - 東京都 著者 (creator) 東京市 編 著者標目 (creator:NDLNA) 東京市 出版地 (publicationPlace) 東京 出版者 (publisher) 東京市 出版年月日. 東京市史稿 フォーマット: 図書 責任表示: 東京都編纂 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 東京都, 1914-形態: 冊 : 挿図, 地図 ; 23cm. 旧東京市域を範囲として江戸開府以前〜明治末年までを対象とした史料集 産業篇 第1-30, 皇城篇, 御墓地篇, 変災篇, 上水篇, 救済篇, 港湾篇, 遊園篇, 宗教篇, 橋梁篇, 市街篇は別書誌 (BNBNBNBNBNBN. 東京市史稿 タイトルよみ (titleTranscription) トウキョウ シシ コウ 巻次、部編番号 (volume) 皇城篇 第1 巻次、部編番号よみ (volumeTranscription) 00001 著者 (creator) 東京市 編 著者標目 (creator:NDLNA) 東京市 出版地 (publicationPlace) 東京 出版者 (publisher) 東京市.

東亰市史稿 市街篇 第56 - 東京都

email: wyhaka@gmail.com - phone:(400) 153-8401 x 2979

悪性新生物「ガン」と闘う生活管理 - 郷龍一 -

-> 貯金ゼロ・知識ゼロ・忍耐力ゼロからのとってもやさしいお金のふやし方 - 竹川美奈子
-> もっと好きになる山歩きの楽しみ方 - スタジオ・ビ-イング

東亰市史稿 市街篇 第56 - 東京都 - 東洋的芸術精神 大西克礼


Sitemap 1

次世代永久磁石の開発最前線 - 尾崎公洋 - ケルゼン學説の批判 美濃部達吉